京の良き香り 徳泉堂は京都のお線香・お香・焼香・塗香等の香製品の専門店です。
伝統の製法、天然材料、本物の香へのこだわりはもちろんのこと、伝統だけにとらわれずに香を楽しむすべての人に”本物の香”を楽しんでいただくことに努めてまいります。

ヤフーショップ店
アマゾン店
1万円以上のお買い上げで送料無料
  1. 鉾(ほこ)と
    コーンタイプのお香
線香
  1. 都香 (みやこ)
  2. 鳳徳 (ほうとく)
  3. 松陰 (まつかげ)
  4. 筑波嶺 (つくばね)
  5. 美福 (びふく)
  6. 網代木 (あじろぎ)
  7. 玉藻 (たまも)
  8. 楽浪 (ささなみ)
  9. 八雲 (やぐも)
  10. 久遠 (くおん)
  11. 弁才天女香(べんざいてんこう)
渦巻き線香
  1. 鞍馬 (くらま)
  2. 精華 (せいか)
  3. 貴船 (きぶね)
三角のお香
  1. 米粉 (まいこ)
  2. 和香(わか)
  3. 花園 (はなぞの)
  4. 常盤 (ときわ)
  5. 春日 (かすが)
焼香
  1. 妙雲
  2. 蓮華
  3. 白鳳
  4. 朱雀
  5. 紫野
  6. 嵯峨野
  1. 線香の作り方
  2. コーンタイプのお香の作り方
  1. 香料の種類

詳しくはこちら
商品のご注文は電話、FAXでも承れます
■ 営業時間
10:00~17:00
■ 定休日
日曜日、祝日
PC版の場合、日記の種類は右から選んでください。
プロフィール
Profile
名前 北西 恒忠
生年月日 1973年 9月 28日
出身地 京都生まれの京都育ち
仕事の内容 すべてのお香、線香、焼香を僕が作っています。

京都の町家ですべて手作りです。

天然の材料のみで作っています。

化学物質の材料は、どの材料にも
一切使っていません。

香料のみ化学物質を使っていないで
はなく、繋ぎの材料も自然のままで、
防腐剤も使っていないので、すべて
無添加になります。
RSS

愛宕山の雪化粧

カテゴリ : つうーちゃん(パパ)日記


愛宕山も雪化粧。

雲で、ちょっと見えないが、雪が積もっています。

比叡山は、雪が積もっていないです。

今日は、朝がすごく寒かったでした。

7時前に車で、子供のテニスのスクールに行く時、雪で子供たちは、大喜び。

でも、パパは、寒い。

もう少し積もったら、遊べたのになーと言っていました。

今日は、大きい公園に行く予定だったが、ぬれているので、今度になりました。

パパは、寒いからラッキーでした。

クリスマス・イブ

カテゴリ : イクメン日記
今日は、クリスマス・イブです。

子供が、待ちに待ったクリスマスです。

クリスマスケーキを食べる時の、ローソクを消すのがすごく楽しみにしています。

僕の家では、ローソクが消えてももう一回点けて、兄妹2人とも消せるようにしています。

今日の夜ごはんは、何が良いと聞くとステーキ。

牛か豚どちらがいいと聞くとステーキならいいと。

仕事の帰りに売っているのを買ってくることにしています。

子供の一番の楽しみは、サンタクロースがプレゼントを持って来ることです。

ぱぱにもくるかなーと言っています。

明日の朝が楽しみに一日になります。

イルミネーション

カテゴリ : イクメン日記

京都の三条商店街のイルミネーションです。
クリスマスに近づくとクリスマス用のイルミネーションになります。
夜に通ると綺麗です。
今年は、ロームのライトアップが、ないので寂しいが、いたるところ家に、イルミネーションをしているところが、多くあるので、楽しめています。
もう、少しで、クリスマス、今年もサンタさんが、何を持ってくるか、子供たちは、楽しみにしています。
今年も、パパもお願いを言ったので、楽しみです。

風呂場でお香

カテゴリ : お香について


お風呂場で、お香を焚いています。

風呂に入っている時でなく、風呂場が、乾いている時に、焚きます。

お香の煙で、天井のカビ防止のために、家焚いています。

扉を開けて焚くと、部屋中に、香り広がってくるので、香りを堪能できます。

朝に焚くと気分良く1日の始まりが、スムーズに進みます。

米粉(まいこ)のお香

カテゴリ : お香について
米粉の線香と米粉のコーン型について

どちらも白檀と無農薬の米粉の2種類のみとすごく珍しいお香になります。

京都では、徳泉堂しか作っていないです。

たぶん、日本でも徳泉堂しか作っていないと思います。

なぜ、珍しいか。

誰も米の粉で、お香を作らないからです。

それと、とにかく作るのが、難しいことです。

米の粉は、意外と粘らない。

練り終わって、作っている最中で、時間が経つにつれ、ますます粘りがなくなっていきます。

たくさん練って作ればと思われるかもしれないですが、コーン型は、時間がかかるとパラパラになりもーコーンの形にすらならないのです。

どうしても、一回で作れるのが、10箱ぐらいになります。

米粉の線香は、注射器で、一本づつ押し出すの200本ぐらいが、限界になりますので、1回で作れるのが、6箱ぐらいになります。

注射器で押すのは、時間が経つとだんだん固くなり、後半は、指が痛くなってきますので、6箱が、一回で作れる量になります。

もっとたくさん作れたらいいのですが、作っているのが、僕一人で、すべての線香の製造から、発送までしていまして、時間が、かかってしまいます。

いつも、待ってもらえることに、いつもありがたく思いながら作っています。

いつも徳泉堂を、応援してもらえることに、感謝しています。



前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ