京の良き香り 徳泉堂は京都のお線香・お香・焼香・塗香等の香製品の専門店です。
伝統の製法、天然材料、本物の香へのこだわりはもちろんのこと、伝統だけにとらわれずに香を楽しむすべての人に”本物の香”を楽しんでいただくことに努めてまいります。

ヤフーショップ店
1万円以上のお買い上げで送料無料
  1. 鉾(ほこ)と
    コーンタイプのお香
線香
  1. 都香 (みやこ)
  2. 鳳徳 (ほうとく)
  3. 松陰 (まつかげ)
  4. 筑波嶺 (つくばね)
  5. 美福 (びふく)
  6. 網代木 (あじろぎ)
  7. 玉藻 (たまも)
  8. 楽浪 (ささなみ)
  9. 八雲 (やぐも)
  10. 久遠 (くおん)
  11. 弁才天女香(べんざいてんこう)
渦巻き線香
  1. 鞍馬 (くらま)
  2. 精華 (せいか)
  3. 貴船 (きぶね)
三角のお香
  1. 米粉 (まいこ)
  2. 和香(わか)
  3. 花園 (はなぞの)
  4. 常盤 (ときわ)
  5. 春日 (かすが)
焼香
  1. 妙雲
  2. 蓮華
  3. 白鳳
  4. 朱雀
  5. 紫野
  6. 嵯峨野
  1. 線香の作り方
  2. コーンタイプのお香の作り方
  1. 香料の種類

詳しくはこちら
商品のご注文は電話、FAXでも承れます
■ 営業時間
10:00~17:00
■ 定休日
日曜日、祝日
PC版の場合、日記の種類は右から選んでください。
プロフィール
Profile
名前 北西 恒忠
生年月日 1973年 9月 28日
出身地 京都生まれの京都育ち
仕事の内容 すべてのお香、線香、焼香を僕が作っています。

すべて手作りです。

天然の材料のみで作っています。

化学物質の材料は、一切使っていません。
RSS

線香を焚こうとしたら、青虫が

カテゴリ : お香について

線香を仕事場の玄関で、焚こうとおもったら、青虫がさなぎになろうと

じっーとしていました。

昨日、帰るとき歩いていたのを、見ていたので、ここでさなぎになろうと

おもったんやろうな。

結構さむくなってきているから、ちゃんと蝶々になってくれたらいいのになー。

当分入り口なので、毎日観察できそうです。 

白檀の線香のおすすめ

カテゴリ : お香について

白檀の香りが、好きな方へのおすすめの線香が、美福(びふく)です。

白檀の香りが、好きな方のために考えられたような調合をしています。

香りは、白檀の爽やかさがあり、白檀のほのかの甘さの絶妙の調和の

取れた香りになります。

一度使われるとなんというか平安時代の源氏物語の中にいるような感じになるような

感じがするでしょう。

店長自身のおすすめの白檀の線香になります。

僕自身もよく焚いています。




線香の調合で使う量り

カテゴリ : お香について


徳泉堂で、使っている量りです。

匁量りです。

量りもかなり古いのを、まだ使っています。

もう何年になるのかわからないですが、100年ぐらい経っるのかな?

量りは、いつの物かは、わからないですが、年期は、入っています。

量りも割れていて、線香の材料の粉が、入っています。

徳泉堂の道具は、100年以上経っているものが、たくさんあります。

道具は、大事使う本当に長いこと使えます。

線香の材料について

カテゴリ : お香について
線香の材料について

線香の材料は、木とか根とか葉とかと自然の材料になります。

良い香りのするのは、木であります。

沈香が一番いい香りがします。

その次は、白檀になります。

この2つは、材料自体良い香りがします。

他の材料は、丁子とかは、つぼみの実になります。

甘松は、根を乾燥したものを使います。

線香の材料のほとんどは、漢方薬の材料が使われています。

繋ぎの粉のタブも木を使っています。

タブの粉は、木でも樹皮を使います。

その場所が、粘り気があるからです。

このように、線香は、木に関するものがたくさん使われています。

都香、乾きました。

カテゴリ : お香について


土曜日に、都香の線香を作ったのですが、月曜日には、線香が乾きました。

こんだけ暑いと線香もすぐに乾きます。

上の写真が線香が乾いたので下の写真のように、その上に板を置きました。

なんで、板を重ねるのかは、線香が反り返えらないようにするためです。

上に板が乗っていると、線香が真っすぐな形で乾いてくれるからです。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ