京の良き香り 徳泉堂は京都のお線香・お香・焼香・塗香等の香製品の専門店です。
伝統の製法、天然材料、本物の香へのこだわりはもちろんのこと、伝統だけにとらわれずに香を楽しむすべての人に”本物の香”を楽しんでいただくことに努めてまいります。

ヤフーショップ店
アマゾン店
1万円以上のお買い上げで送料無料
  1. 鉾(ほこ)と
    コーンタイプのお香
線香
  1. 都香 (みやこ)
  2. 鳳徳 (ほうとく)
  3. 松陰 (まつかげ)
  4. 筑波嶺 (つくばね)
  5. 美福 (びふく)
  6. 網代木 (あじろぎ)
  7. 玉藻 (たまも)
  8. 楽浪 (ささなみ)
  9. 八雲 (やぐも)
  10. 久遠 (くおん)
  11. 弁才天女香(べんざいてんこう)
渦巻き線香
  1. 鞍馬 (くらま)
  2. 精華 (せいか)
  3. 貴船 (きぶね)
三角のお香
  1. 米粉 (まいこ)
  2. 和香(わか)
  3. 花園 (はなぞの)
  4. 常盤 (ときわ)
  5. 春日 (かすが)
焼香
  1. 妙雲
  2. 蓮華
  3. 白鳳
  4. 朱雀
  5. 紫野
  6. 嵯峨野
  1. 線香の作り方
  2. コーンタイプのお香の作り方
  1. 香料の種類

詳しくはこちら
商品のご注文は電話、FAXでも承れます
■ 営業時間
10:00~17:00
■ 定休日
日曜日、祝日
PC版の場合、日記の種類は右から選んでください。
プロフィール
Profile
名前 北西 恒忠
生年月日 1973年 9月 28日
出身地 京都生まれの京都育ち
仕事の内容 すべてのお香、線香、焼香を僕が作っています。

京都の町家ですべて手作りです。

天然の材料のみで作っています。

化学物質の材料は、どの材料にも
一切使っていません。

香料のみ化学物質を使っていないで
はなく、繋ぎの材料も自然のままで、
防腐剤も使っていないので、すべて
無添加になります。
RSS

小学校の入学前の半日授業

カテゴリ : イクメン日記
金曜日の昼から、入学前の半日授業体験がありました。

来年6年生になる学年の生徒が、新1年生のめんどうをみてくれました。

お兄ちゃんの学年なのですが、兄妹で、兄が妹を担当することは、だめみたいでした。

そりゃそうやなーと、慣れている人、特にお兄ちゃんやったら、家であそんいるみたいで、なんか言うこと聞かなさそうなので、違う生徒が見てくれて良かったなーと思いました。

案の定、すごく静かにお姉ちゃんの言うこときいていました。

帰りに、入学してからいる、体操服、カバンとかを買って帰りました。

入学の道具を買うと入学が、もうすぐやなーと思います。

今日は、入学に必要なハンカチとか、体操服の袋とか、いろいろ買いにイオンに来ています。

やっぱイオンは、沢山あるので、いろいろと選ぶことが、できたので、子供は、嬉しそうにしていましたが、時間経つと自分の買い物やのに、もういいし帰ろよっと。

また、始まったか。

でした。

まーいつものことなので、慣れていますが、自分の学校で使う物やのに、ちゃんと考えて決めて欲しいと思う、パパでした。

節分

カテゴリ : イクメン日記


昨日は、節分でした。

子供の保育園にも、鬼が来て頑張って鬼退治をしたらしいです。

でも、本当は、壁に逃げまくっていたらしいです。

夜は、家の中で、鬼を交代交代しながら、豆まきをしました。

下の鬼は、チャンバラの刀を、振り回すから鬼は、豆でなく、刀で、切られまくりで、また、痛い。

今回は、おばあちゃんが、巻き寿司ケーキを、買ってくれたので、みんなで、食べました。

上から、見ると巻き寿司にしか見えないので、すごい。

みんな、一瞬だまされました。

美味しくいただきました。

今回も子供に質問されて、わからないことが、あり携帯で調べました。

何かは、

鰯は、なぜ鬼の日にたべるのかでした。

鰯の食べることよりも、鰯の頭を楠木のえたに刺して玄関に置いて置くためでした。

楠木が、目にささるのが、鬼が、嫌がるかららしいです。

もう一つは、鰯を焼くと煙がよくでるので、煙を鬼が嫌がるからです。

鰯は、食べことより、その過程が、すごく大事と、子供の質問で、勉強になりました。

お香の相談

カテゴリ : お客さんからの線香を使った感想
広島県の百人邑さんから、地元の材料で、お香を作りたいとの相談を、受けました。

お香が、出来るまで何回も連絡をしていただき、いろいろと相談しながら、お香が、できました。

なかなか形にならないとか、燃えないとかも、何回も作ってもらっているうちに、上手いことできるように、なりました。

お香は、なんか混ぜたら出来そうなのですが、これが、以外と難しいです。

一番大事なのは、何回も繰り返しやるこてです。

繰り返して、あかんかなという所を、少しづつ変えていくほうほうです。

僕も、何回も何回もやってこれでいいのか、いつも考えて作っています。

線香作りは、季節と気温と湿度で、水分の量が、変わります。

練り加減も変わります。

日に日に変わります。

僕が、昔働いていた、パン作りとよく似ています。

練り、発酵、成型、焼き加減と日々違います。

毎日同じようにできたいのと、一緒です。

百人邑さんの当帰湯

カテゴリ : お客さんからの線香を使った感想


広島県の百人邑さんの当帰湯です。

お風呂に、入れとくとすごくいい香りで、気持ちが
落ち着きます。

当帰(とうき)の葉と茎が、入っていて、自然で作られたので、すごくいい香りです。

銭湯に行ったときの、薬草風呂と似ているので、銭湯に行っている気分になります。

百人邑さんは、当帰(とうき)を、使いお香を作っています。

当帰の独特の香りが、気持ち落ちつかしてくれます。


お客さんからの線香のを使った感想

カテゴリ : お客さんからの線香を使った感想
神奈川県のお客さんから

米粉の線香を使っていただいた感想

米粉の線香を使うと、他のものだと刺激が強いです。

使えないことがないのですが。

っと感想を言っていただきありがとうございます。

喜んでいただきました。

お客さんから、良いものを作っていただきありがとうございますと、言って

もらえると本当に作っていて一番うれしい一言です。

お客さんに喜んでもらえる線香を、これからも作って行きます。
前へ 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ