京の良き香り 徳泉堂は京都のお線香・お香・焼香・塗香等の香製品の専門店です。
伝統の製法、天然材料、本物の香へのこだわりはもちろんのこと、伝統だけにとらわれずに香を楽しむすべての人に”本物の香”を楽しんでいただくことに努めてまいります。

ヤフーショップ店
アマゾン店
1万円以上のお買い上げで送料無料
  1. 鉾(ほこ)と
    コーンタイプのお香
線香
  1. 都香 (みやこ)
  2. 鳳徳 (ほうとく)
  3. 松陰 (まつかげ)
  4. 筑波嶺 (つくばね)
  5. 美福 (びふく)
  6. 網代木 (あじろぎ)
  7. 玉藻 (たまも)
  8. 楽浪 (ささなみ)
  9. 八雲 (やぐも)
  10. 久遠 (くおん)
  11. 弁才天女香(べんざいてんこう)
渦巻き線香
  1. 鞍馬 (くらま)
  2. 精華 (せいか)
  3. 貴船 (きぶね)
三角のお香
  1. 米粉 (まいこ)
  2. 和香(わか)
  3. 花園 (はなぞの)
  4. 常盤 (ときわ)
  5. 春日 (かすが)
焼香
  1. 妙雲
  2. 蓮華
  3. 白鳳
  4. 朱雀
  5. 紫野
  6. 嵯峨野
  1. 線香の作り方
  2. コーンタイプのお香の作り方
  1. 香料の種類

詳しくはこちら
商品のご注文は電話、FAXでも承れます
■ 営業時間
10:00~17:00
■ 定休日
日曜日、祝日
PC版の場合、日記の種類は右から選んでください。
プロフィール
Profile
名前 北西 恒忠
生年月日 1973年 9月 28日
出身地 京都生まれの京都育ち
仕事の内容 すべてのお香、線香、焼香を僕が作っています。

京都の町家ですべて手作りです。

天然の材料のみで作っています。

化学物質の材料は、どの材料にも
一切使っていません。

香料のみ化学物質を使っていないで
はなく、繋ぎの材料も自然のままで、
防腐剤も使っていないので、すべて
無添加になります。
RSS

クリスマスイブ

カテゴリ : イクメン日記

昨日は、、クリスマスイブで、子供たちが待ってたいました。

子供たちが、頑張ってケーキを作ってくれました。

いろいろなご飯を食べてケーキを食べて楽しみました。

でも、子供たちは、何よりもサンタさんからのプレゼントが楽しみでした。

なかなか寝ない子供たち。

何をくれるかなーとずーと子供同士で話していました。

ようやく寝てくれました。

朝起きるとすぐに枕の上を見てあったと言って喜んだと思うとアッという間に、

袋を破って中身を見ていました。

お兄ちゃんには、綿菓子機が入っていて喜んで夜には作っていました。

下の子は、たくさんのぬいぐるみが入っていて、特にアラレちゃんのぬいぐるみとおぼちゃまくんのぬいぐるみが

うれしくてだっこしていました。

サンタさんは、すごいといつも思います。

子供のあの無邪気な喜び方は、サンタしかできないから、すごいと思います。

パパにもなんとビールが届きパパもサンタさんにありがとうです。

明日は、クリスマスイブ


明日は、子供たちの待ちに待ったクリスマスイブです。
子供たちは、サンタさんにこれが欲しいと願いごとをしています。

パパ、願いごとをしています。

パパは、毎年、ビールが欲しいと願っています。

今年のサンタさんは、何を持ってくるのか楽しみです。

明日は、ケーキの飾り付けを、子供たちが、するみたいです。

クリスマスイブは、何かウキウキして楽しみになってきますね。

ちょっと早いですが、メリークリスマス。
2019-12-23 22:31:01

繋ぎの粉について

カテゴリ : お香について
線香を作るのに、何の繋ぎの粉を使うのですか?

聞かれます。

線香を作る時には、タブの木を粉にしたのを、使って作ります。

どこの線香を作るところでも、昔からタブの粉を使って作っています。

最近は、タブの粉の代わりの、材料もできているみたいですが。

化学物質の合成の粘着する粉もあるようです。

合成の粘着の材料でしたら、粘りのムラが少ないと思います。

天然のタブの粉でしたら、自然の木なので、木によって粘り気が強い

のとか、弱いのとかと使って練ってみなわからない特徴があります。

ご飯に例えると、食材の材料も食べてみなわからいのと一緒です。

ラーメン屋に行って、いつも行っている所だけど、たまにめちゃくちゃおいしい

という時があるような感じと似ています。

毎日同じ味にならないのと、一緒ですね。

つなぎの粉を入れて練ると

カテゴリ : お香について

線香を、練るときにつなぎの粉、タブ粉を入れて練ると、きれいに固まってくれます。

つなぎの粉なしでしたら、ずーとパラパラのままで、固まりにならないです。

つなぎなしでしたら、乾いた時に、パサパサで、パラパラでどのように表現したら、いいのかわからないですが、お香の形にならないです。

このように、表面が、ツッルとしてきたら、練り上がりです。

30分以上練ってこのようにします。

手の力と全身の力も使うので、すごい体力は、つかうので、一回練り上げるとバテバテになります。

線香の繋ぎの粉は?

カテゴリ : お香について

線香の製造の仕方。

線香は、いろいろな材料が、混ざり合ってできています。

繋ぎの粉は、何を入れたらいいのか?

線香を作るのには、タブの木の粉にしたタブの粉を使います。

タブの粉は、粘り気があるので、いろいろな材料を繋げてくれて、

固まりになります。

線香と言えば、タブの粉でしたが、最近は、タブの粉の代わりに

考えられて作られた、合成に粘着剤みたいなのがあってそれを、使って

作っている線香をあるようです。

線香を作るのに、粘り気のある材料を入れれば、線香になります。


前へ 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ